2018年12月31日

年越し酒

更新しな過ぎて自分でもブログの存在を忘れてた
飲み過ぎて死んだと思われても微妙なので、ここ最近の飲酒録など


週末は知人二人を招いて泊まり&酒飲みの計画を立てる
同じ歳のおっさん三人なので、それぞれの家に迎えに行きまずは温泉
前日夜から雪が降り雪見露天に行きたくなったので、20kmほど離れた公共の温泉へ
塩化物泉特有の温まり方が心地良く、雪と強めの風も相まって一時間以上露天風呂に入る
おっさん三人の体から立ち上る湯気で、エアコン全開の車でも窓の曇りは治まらない

自分の部屋に到着して乾いた体にまずビール
当然あるものしか無いので、一番搾りとスーパードライと赤麒麟が体に染みる
事前に予約してた刺身盛り合わせを取りに行くまで一時間ほどあるので、適当に気が向いた酒を出す
タンカレーNo.10、ボンベイサファイヤ、プラットバレー、薩摩の薫無濾過、無濾過純黒、トヨノカゼなど
一人の呂律が回らなくなった頃に徒歩で受け取りに向かい、他の肴など買い足す
ホンビノスの酒蒸しが食べたかったけど、調理が面倒なので却下

事前に仕込んでいたおでんを温め、刺身があるので旭若松の充分に老ねた酒を開封
この蔵元の麹は絶対的に信用していたが、予想通り素晴らしい古酒になっていた
赤イカ、本マグロ赤身、カンパチも旨かったけど、冷凍カツオとバチの腹身の旨さは驚きだった
刺身が無くなったタイミングで一人が寝落ち。後は毛布とこたつで良い夢を見てもらう
もう一人の知人はカミさんに迎えに来てもらうとの事で、それまで自分は湯割りをチビチビ
結局10時過ぎには自分も寝たので、翌日は5時過ぎには目が覚めた
翌朝7時過ぎには家まで送り、お茶などごちそうになり帰宅
ゲラゲラ笑いながら酒を飲む機会が減ったと思いつつ、それが出来る環境に感謝

実家に頼まれてた買い出しをして、給油と洗車も済ませて昼前には帰宅
一挙放送の陸王や孤独のグルメなど年末特番を見て、早めに入浴し晩酌開始
寿司を摘みローストビーフやらエビマヨやら、ザーサイやら鰊の酢漬けなどを肴に
地元チューハイのフルーツポンチ、スーパードライ、グレンリベット12年水割りでほろ酔い
しっぽり飲みたいとクルボアジェのコニャックに切り替え、RIZINやレモンハートの特番を見る

さて年越しそばの準備も出来たし、そろそろ湯沸かしするか
天心勝てるかなぁ




  

Posted by タオルマン at 23:16Comments(0)その他のお酒