スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年10月11日

Non様の影響で^^

さすがに10月10日は特異日だと実感できた一日
朝の霧もどこへやら汗ばむくらいの陽気で、外の仕事も中の仕事も気持ちよく出来た
妹に頼んでいた豚挽き肉が入ったので、夕飯は迷わずハンバーグにする

玉ねぎ3個はみじん切りにし、フライパンで量が半分くらいになるまで炒める
豚挽き肉400g程度に塩、胡椒、ナツメグ、カレー粉、醤油、パン粉、片栗粉を入れて、そこに炒めた玉ねぎを投入
練る時だけは手でするので、丁寧に混ぜ合わせ空気を抜き馴染ませたまま子供を迎えに行く
帰宅して子供が遊びまわっている脇で、先ほどの材料を全てフライパンに敷き詰め底に合わせて成型
自分が作るハンバーグは、基本的にフライパンの底と同じ大きさなので、木ベラで形を整えるだけ
鍋肌から油を廻しいれ、蓋をして中火から弱火でじっくり火を通す
丸型ハンバーグを六等分に切り、りんご酢、ケチャップ、中濃ソースを混ぜて作ったソースを入れ煮込む
途中からソースを煮詰めるために蓋を開け、汁気がなくなったら出来上がり
びっくりドンキーの1.5倍の厚さはあるハンバーグが、28cmのフライパンを埋め尽くしているのは壮観

子供用には朝食の残りの卵とじと、味噌汁、煮込みハンバーグとご飯の夕飯
自分は冷蔵庫で冷えていたアサヒ本生(赤)500ml缶を開けて、ハンバーグライスを食べる
保育園で食事前に言う言葉があるらしいので、それを真似して自分も子供の前で言うようにしている

「お父さん、お母さん、おいしい料理をいただきます」「どうぞ、召し上がれ」

見た目が悪いのか初めは手が伸びなかったが、途中からご飯を食べずにハンバーグばかりを食べていた
お代わりまでされると、作り手冥利に尽きる

8時半過ぎにカミさんが帰宅したので、今日は子供の入浴はなし
9時過ぎに一緒に寝てしまった二人をよそに、自分は車まで荷物を運んだ
ネットオークションで安かったオガ炭を洒落で入札していたら、30kgの炭を1010円で落札してしまった
圧縮して成型してあるオガ炭は、通常の木炭よりは火持ちもよく値段も高価
いい買い物が出来たな~なんて思っていたら、福島県の送料は2300円もするらしい
結果的に10kg1000円近くになってしまったが、それでもオガ炭としてはかなり安く買えたと思う
それにしても、30kgの炭を一度に運ぶのは重かった。佐川急便のドライバーは力持ちだね…
これでしばらくは火遊びの炭に困らないので、早速連休は火熾しをしてみっかな^^

風呂上りにNon様のブログを読んでたら、自分も地元の酒が飲みたくなった
マネマネ隊出動ってわけで今日は初代類蔵と、大吟醸粕取をロックで



初めに飲んだのは大吟醸粕取。確かに吟醸香らしい澄んだ香りの要素はあるが、アルコール感も強い
飲み干すとわずかに甘さを含んだ香りを残し消えていくが、アルコールの刺激の印象が秀でている
それに対して初代類蔵は、原料のお酒が純米酒だからなのか米の味の要素が強い
それは香りだけを嗅いでもハッキリと違うし旨みも多い。自分的にはこちらの方が好みの味
同じ清酒原料の焼酎だと、源粒と初代類蔵を比べればいいのかも知れないが
あいにく手元にはこの2種しかない>地元清酒焼酎としては
ただ…米由来の原料を使った焼酎は個性が出にくいので、それを考えると確かに個性的ではあると思う
県内の焼酎だと玄武やそば打ち名人、オクノや郡山太郎衛門など色んなモノが出ているので
機会があったら飲み比べてみたいと思う。つーか、みんな置いてあるお店に行けばいいのね(*´ー`)
誰か地元焼酎が充実している飲食店をご存じないですか?^^

それにしてもこの柿の種は辛すぎる。大辛口と書いてはあるが、酒が進みすぎてしょうがない
風呂上りなのにまた汗をかいてしまった…
  


Posted by タオルマン at 01:39Comments(2)その他の焼酎

2008年07月31日

マメダンゴ

昼の暑さもそれほどではなく、ここ数日は夜など非常に過ごし易い日が続く
時折天気が不安定になり小雨なども散らつくので、洗濯物を干していくのにチト考える数日間
新しく買ってきた甚平が活躍する日が続く

昨年の事故以来、オフクロ用の車がやっと実家にやってきた
骨折をした足はまだ完全復活とは行かないが、車の運転は出来るらしい>しかもMT
田村市の親戚宅へお中元を届けに行くついでに、半年振りの水汲みも出来た
一応孝行息子を目指しているので、往復の運転は自分が担当する
週末の「鉄腕ダッシュ」を見て以来、オフクロのマメダンゴ食べたい病が始まった
以前から採りに行きたいとは言っていたが、日曜日の放送を見てから更に火がついたらしい
親戚宅にごく近くなってからわき道に入り、オフクロの怪しい記憶を頼りに車を停め山道を歩く
ちなみに服装はアロハ&ジーンズ&長靴。頭には紫色のバンダナを巻き背中にはディパック>自分
虫が多いこのシーズンに半袖で山にキノコ(マメダンゴ)を採りに行くなんて、正気の人間はしない
収穫時期が一ヶ月ほど遅かったせいで、2人で30分ほど探しても11個しか見つけられなった
その数でも味ご飯には出来そうなので、実家にて近日中にマメダンゴが味わえそうだ

虫刺され薬を塗りながら親戚宅へ行き、水汲みを終え夕飯をご馳走になりながら色々と話し込む
お盆にはカミさんの実家に行き線香上げには来れないので、しっかりと焼香も済ます
時間を作って釣りに行きたいとか、下の子(男)はパワーがあり暴れまくって手を焼いているとかetc…
8時半過ぎに実家に着き、水のタンクを持ち部屋に帰りついたのがもう9時近く
カミさんが子供を入浴させていたので、感謝しつつ一緒に子供を寝かしつける

カミさんと話をしながら麦とホップを一本。その後シャワーを浴びて本格的な晩酌開始
大吟醸粕取焼酎をストレートで、チェイサーは健康茶(自家製杜仲茶&メグスリノキ茶)



粕取焼酎独特のクセも嫌いじゃないが、やっぱり長く飲むなら吟醸系の粕取りが旨いと思う
若干のアルコール臭を含みながら、常温での香りは確かに大吟醸系のそれ
口に含むと粕取りらしいわずかなモロミ臭と甘さ。そして後味がスパッと切れる潔さも悪くない
舌がアルコールで麻痺してきた頃に、健康茶の苦味で口の中を洗い流すのもいい感じ
旨みの強い白身魚の刺身とあわせてみたい

明日は飯坂から妹一家が実家にやってくるので、自分達も夕飯は実家に行く予定
午後からはオフクロと一緒にじゃが芋掘りもするらしいし、義弟はオヤジと飲むらしいので夕飯には期待している
自分は車を運転するので飲めないが、甥っ子達と会うのも久しぶりなので楽しみ
その為には、朝から2件の現場を終わらせないと…(´-`).。oO

  


Posted by タオルマン at 00:42Comments(2)その他の焼酎

2008年07月03日

まねまね隊出動

梅雨入り宣言はどこへやら、毎日良くもこんなに晴れるモンだ
仕事をするには雨だと困るのだが、7月に入っても季節感に乏しく今一つしっくり来ない
今週末は那須までお出かけなので、週末だけはいい天気になって欲しいと思う

かなり久々に三春の現場に出かけた。普段はボーッと過ごしているが、珍しく頭を使う仕事に集中
部品がなくて明日に持ち越しとなったが、たまには頭を使う仕事も面白い

夕方部屋に帰り子供の夕飯作り開始。しょうがと玉ねぎをみじん切りにし、豚挽き肉とじっくり炒める
料理酒、砂糖、塩、醤油、甜面醤とハーブを少々。肉味噌が出来た所で確認したら、豆腐の賞味期限がかなり過ぎていた
念の為、味見をしたらいきなり酸っぱい味がしたのでバイバイ。早く帰宅していたカミさんに豆腐を買ってきてもらう
片栗粉でトロ味をつけてゴマ油を垂らしたら、子供向け肉豆腐の完成>刺激物未使用

カミさんが子供に食べさせている間に、サーモンを薄切りにし醤油とみりんでサッと「ヅケ」にして
赤玉ねぎを薄くスライスし、水にさらして辛味抜き。
ご飯の上でマヨネーズと玉ねぎを和えて、ヅケにしたサーモンを並べてヅケのタレを少しかけてサーモン丼とする
玉ねぎが多かったので、途中から子供向けの肉豆腐をご飯に乗せ、結局2色丼となった

子供を寝かしつけていたカミさんが、子供と一緒に熟睡モードに移行
起こすのも悪いと思い、朝食分のご飯を炊きながら晩酌開始

Non様の所で酒粕の記事を見て、自分の所にも酒粕にちなんだ酒があった事を思い出した
先日の外飲みの時に吟香露と言う粕取焼酎を教えてもらったが、地元笹の川でも粕取焼酎は作っている
純米吟醸と大吟醸それぞれの粕取焼酎があるらしいが、これは大吟醸の粕取焼酎となる
山田錦を40%まで磨いて作った大吟醸酒の酒粕を使い、減圧蒸留にて仕上げられているらしい>裏書より



エシャレットを肴にロックで飲んでみたが、吟醸香が穏やかに立ち上がり飲み口はスムーズ
後味はスッと切れてエシャレットの程よい辛さをスッキリ流してくれる
個性が強い焼酎を好んで飲んでいるが、この優しい味わいは気に入った
清酒と違って酸は感じないが夏に向けてロックで飲めば、夏野菜や枝豆など肴を選ばずに飲める逸品となると思う
町田の有名な酒販店で、粕取り焼酎の試飲をさせてもらった事があるが
かなり個性の強い香りで1杯だけなら飲めても、続けては飲めないと感じた事を思い出した
減圧蒸留で強い香りは抑え、清々しい吟醸香を保ちながら甘旨みを引き出すのはかなり難しいと思う

実はこれを書きながら、白米と玄米(各5合ずつ)を炊き健康茶も煮出していたので
炊き上がったご飯を保存容器に小分けして、炊飯ジャーと圧力鍋を洗いながら飲んでいたら
かなり酔いが回ってしまった
明日は仕事をキッチリ決めて来る予定なので、もうちょっと飲んだらちゃんと寝ようっと
  


Posted by タオルマン at 00:46Comments(4)その他の焼酎

2008年05月18日

寝休日

天気はぼちぼちだったが、腰の調子がイマイチなので部屋で一日中過ごした日
毎月恒例の町内清掃から始まって、洗濯や掃除などカミさんは一日中動きっぱなし
自分は腰痛の為、グダグダと寝ながら過ごしていたので妙に気が引ける
午後から子供とカミさんが昼寝に入ったので、その間に野菜を刻み焼きそばを作った
「ためしてガッテン」で見たのでそれに従って焼きそばを作ってみたが、普段とあまり変わらない出来だった
適当にしか見ていなかったのが原因だと思うが、一番の原因は自分の「料理の腕のなさ」だろう
もう一袋焼きそばはあるので、ガッテンのHPを良く見て次は旨く作ると決意した

夕方の早い時間に子供と入浴し、篤姫を見ながら炭水化物ばっかりの夕飯>チャーハンと焼きそば
カミさんとのどごし・生を分けて飲む。先週のビールと比べてもしょうがないが、値段を考えると妥当だろう
子供を寝かしつけたカミさんが、ナルニア国物語を見ているので自分は晩酌開始

今日選んだのは清酒蔵でもある西山酒造場の栗焼酎で古丹波。肴はチーズでサムソーとグリュイエールを選ぶ
この酒は5年以上前に長野で購入し、高速バスに揺られて郡山まで持ち帰った記憶がある
開封したときは個性が感じられず、穏やかで優しい甘さだけが特徴だと思っていたが
小瓶に移し3年も放っておいたら、ちょっとは味がこなれて来てまとまりを感じる
初めて飲んだ栗焼酎は宮崎は佐藤焼酎製造場の「麻呂ん」で、これが素晴らしい味だった
その後も25年も倉庫で眠って(忘れられて)いた栗焼酎を買う機会があり、これがまたvery goodな味だった
ちょうど購入したタイミングも悪かったのかも知れないが、その2品と比べてしまうと
古丹波は味も香りもまだまだ幼い気がする。
(´-`).。oO個人的な感想なので気にしないでね

肴のチーズも無くなったので、次は小布施の純栗羊羹を肴に続けてみるか…
  


Posted by タオルマン at 23:29Comments(8)その他の焼酎

2007年10月03日

微妙な車

朝から汚れ仕事だったが、スッキリとした晴れ間もあった1日
洗濯物を干して来なかった事を後悔しても、もちろん後の祭り
車で出かける時も、窓を開けて走るのが気持ちいい

ここ2週間ほど車と自分の呼吸って言うか、リズムが狂い始めている
結構スピードを出している時も、車とのリズムがあっていれば動きの予想がつく
ここしばらくは普通の速度でも油断できないので、しっかり両手でステアリングを握っている毎日
最近は障害物を避けるときも、ハンドルを切りすぎたり戻しすぎたり…
この速度でコーナーに入ると、この位置でフロントが堪えると思ってたのに逃げたりする
フロント左の駆動系がおかしいと感じてはいたが、細い路地を走る事が怖くなってきた
直進中にいきなりフロントが逃げてもおかしくない気もするので、非常に丁寧な運転を心がけている
近いうちに某ディーラーではなく、個人の整備屋さんに見てもらう事にする
修理代はかけたくないが次回の車検まで、乗り続けられないと非常に困るのよね〜

保育園に子供を迎えに行く時間には真っ暗で、一層日が短くなったと感じるこの頃
子供は遊びすぎて午後のお昼寝はしなかったらしく、帰りの車の中で眠りに落ちた
久しぶりに夕飯作りに集中出来ると思ったが、知人から電話が入りしばし中断
寝ぼけて泣き出した子供をあやしながら、再び夕飯作りに戻る
朝のうちに煮干と昆布を水に入れておいたので、ナメコと豆腐でナメコ汁を作り
バラ切り落としの豚肉を日本酒、みりん、しょうゆ、ハーブの漬けタレに浸し
その間にぶなピーとアスパラ、ブロッコリを炒め、程よく火が通ったら豚肉を漬け汁ごと投入
全体に火が通ったら醤油で味を整えメインのおかずの完成
もちろん子供のおかずも作らなくてはいけないので、作り置きしてた根菜類の煮物に
シチューの王子さまを加えて味見をした。不自然な甘さだったので塩で味を整えて子供のおかず完成
やっぱり自分でかつおだしを作った方がおいしい

結局子供は目が覚めず、自分達が食事を終え入浴してもぐっすり眠っている
カミさんが壊れかけのパソコンのデータを移行している脇で、晩酌開始
あまり手が伸びなかった焼酎を片付けるため、シソシロップ割りに氷を浮かべて飲む
アクセントで入れた泡盛のコクが効いていて、思ったよりも飲みやすい

今週はカミさんの誕生日なので、シュルプリーズにケーキ製作を依頼していた
こんな感じにお願いしますと電話で伝えただけだが、リアルな動物をお願いしたので
出来上がりが非常に楽しみ。食べる前に絶対写真撮るゾー
ちなみに自分からのプレゼントはコレだけ…
まぁ家族(実家も含む)全員で、祝えるのが何より幸せなわけで…
高価なプレゼントなんて上げられないつーの(・ω・)
  

Posted by タオルマン at 23:53Comments(4)その他の焼酎